place
   気に入った本やDVD、ゲームなどを紹介していくブログ。 トップページへは上のplaceの文字をクリックして下さい。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
Amazon.co.jpの商品検索

キーワードを入れてAmazon.co.jpの商品を検索することが出来ます。また、ロゴをクリックすればトップページへ行くことが出来ます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

プロフィール記事へ

ひろちー

Author:ひろちー
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 齋藤孝/原稿用紙10枚を書く力
お茶の間で人気な齋藤孝先生の本。「~力」シリーズの一つ。

対象:高校生~大学生の始め

原稿用紙10枚を書く力が必要なのは、大学生に入ってからだと思う。
大学では、様々な授業を自分で選択するが、期末テストでは高校とは異なり
筆記試験という形態以外に、レポート提出という形で試験を行うものも少なくない。
その際、標準的なレポートの字数が2000字である。
学年が上がるにつれ、より専門的な授業も選択しなければならず
その時、4000字から8000字のレポートが課されることもざらにある。
最終的には、卒業論文で20000万字以上を書かなければならない場合がほとんどである。

そういう意味で、対象は上の通りであろうと考えた。

お奨め度 ★★★☆☆

原稿用紙10枚を書く力 原稿用紙10枚を書く力
斎藤 孝 (2004/09)
大和書房

Amazon.co.jpで見る


趣旨:まえがきを要約すると、書く力を身につけることは考える力を身につけること
   であるが、最近の若者はそうした力が足りない。しかし、これからの社会に
   必要な力である。そういうわけで、書く力をつけるべく、書く力を身につけら
   れる力を実用的に示していく、という趣旨。

内容:1章で「書く力とは何か」2章で「文章を構築する」ための具体的方法の紹介
   3章で「文体を身につける」方法を提示するという章立て。


この本の良いところを二つ挙げる。
①読みやすい。
 まず、非常に読みやすいということ。「~力」に共通する点として
 平易な文章を用いて、一つのことを大きく説明している。それぞれの項目は
 分かりやすい。

②タイトルがうまい
 大学生はもちろん、文章を書けなくて悩んでいる人や、私のように
 ブログなどで文章を日常的に書いている人を鷲づかみにするタイトル。
 アフィリエイトで100万円稼ぐ方法、など具体的なタイトル表記の
 方法は、人の心をつかみやすい。参考になる。

逆にダメなところを挙げる。
①残らない
 一つ一つを大きく説明している。逆に言うと回りくどく、それぞれの部分を
 読めば分かりやすいが、全体を通して見ると結局何が言いたかったのかが
 ぼやけてしまっていて、印象に残りにくい。

②原稿用紙10枚を書けるようにならない。
 この本を読んだとして、原稿用紙10枚を書けるようにはならない。
 せいぜいが文章を少し書いてみようかという気になるだけ。それだけなら
 そもそもこの本を手に取った時点でその気持ちはあるわけで意味がない。
 
全体の感想
私は、これまで齋藤先生の本は『コミュニケーション力』『質問力』『読書力』と
読んできたが、正直『読書力』がやや役に立ったような気がするだけでほかはあまり
印象に残っていない。それぞれの書籍が”その力”について述べているだけで
”その力”を実際につけられるほどの具体性があるかというと、ないと答えた
ほうが適切であると思う。
しかし、タイトルを並べてみて気づいた。タイトルは決して「~力」がつくとは
書かれていないのだ。この『原稿用紙10枚を書く力』にしても「~力がつく本」とは
何処にも書かれていない。なるほどそういうことなのか。

読みやすく面白いのは確かである。だから、この本に興味を持った人は
決して原稿用紙10枚が書けるようになるとは考えず、「書く」ということについて
書いたコラム的な読み物だと思って購入すれば失敗しないのではないか。

ちなみに、文章を書くことが上手くない私ですが、ここまで
ワードの文字カウントで図ってみると1300字ありました。ブログの記事としては
長いような気もするので、ごめんなさい。それでは。

記事で取り上げた齋藤先生の書籍
読書力 / 齋藤 孝
コミュニケーション力 / 斎藤 孝
質問力 / 齋藤 孝


この記事が少しでもお役に立てたならば、下の本ブログバナーを
クリックしていただけると、私のブログランキングに多少なり影響が
あり大変励みになるのでよろしくお願いします。ブログ作成者はTBも
歓迎します。

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:実用書 - ジャンル:本・雑誌

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/10/16(月) 13:35)

<<ロードオブウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男― | ホーム | デスノート13巻、発売!その充実した内容は!?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mamkt.blog70.fc2.com/tb.php/24-831df9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 place all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

SEO対策:デスノート SEO対策:映画 SEO対策:伊坂幸太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。