place
   気に入った本やDVD、ゲームなどを紹介していくブログ。 トップページへは上のplaceの文字をクリックして下さい。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
Amazon.co.jpの商品検索

キーワードを入れてAmazon.co.jpの商品を検索することが出来ます。また、ロゴをクリックすればトップページへ行くことが出来ます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

プロフィール記事へ

ひろちー

Author:ひろちー
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ロードオブウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男―
ソ連崩壊前のウクライナに生まれたユーリーは、少年時代に
ユダヤ系と偽り家族でアメリカに移住し、生活していた。両親が経営する
レストランを手伝うが、ある時、彼に転機が訪れる。
ギャング同士の抗争に巻き込まれ、目の前で人が死ぬのを目撃してしまったのだ。
銃撃を目撃したユーリーは、これがきっかけで需要のある武器の売買に目をつけ
武器商人としての道を歩き出すことになるが・・・

お奨め度★★★★☆

ロード・オブ・ウォーロード・オブ・ウォー
ニコラス・ケイジ (2006/06/09)
日活

Amazon.co.jpで詳細を見る


この映画の魅力
①武器商人という人生
 当然ながら戦争には武器が必要だ。悲惨な戦争の裏には様々な思惑が
 渦巻いている。武器商人は戦争において最もな重要な存在であり、武器を
 売ることは大変大きなビジネスである。そうした武器商人という生き方を
 垣間見ることが出来るのがこの映画の一つの魅力である。

②加速していく緊迫感
 戦争の緊張状態、多額の取引額といった人を惑わせる条件に加え
 法律のグレーゾーンでの取引といった難しい状況を乗り越え、交渉し
 売買する様はまさに緊張感たっぷりである。徐々に追い詰められるユーリーが
 どのように考え行動していくか、この映画の魅力の一つである。

③事実に基づいている
 事実に基づいて描かれているため、リアリティがあり、深く考えさせられる。
 自分がこれまで行ってきた行動が社会にどう影響してきたか、またこれから
 どういう影響を与えていくのか考えるきっかけになると思う。

この映画を見るにあたって注意するところ
①家族で見れない
 それほどではないにしても、いわゆるお色気シーンが何度か出てくるため
 家族で見ているとちょっと気まずくなるかもしれないと思う。
 
全体の感想
 自分では決して踏み入れることのない世界を垣間見ることが出来るのは映画の
大きな魅力の一つであり、この映画で描かれている世界は
そうした自分の生活から最も離れた世界であり、エンターテイメントとして
とても楽しめるものであると思う。
 一方で、ビジネスという面で多くの人の日常と共通する部分もあり、とても
考えさせられる社会的な要素も備えている映画であると思う。やや大人向きな
映画で、良識のある大人たちにお奨めする映画である。


基本情報
製作年:2005年
上映時間:122分
監督・製作・脚本:アンドリュー・ニコル『シモーヌ』
出演:ニコラス・ケイジ(ユーリー役)『ナショナル・トレジャー』
   イーサン・ホーク(ジャック刑事役)『テイキング・ライブス』
   ジャレッド・レト(ユーリーの弟役)『アレキ・サンダー』
   ブリジット・モイナハン(エヴァ役)『アイ、ロボット』
   イアン・ホルム『デイ・アフタートゥモロー』

お奨め参考HP
オフィシャルホームページ
http://www.lord-of-war.jp/index2.html
アンドリューニコル監督のインタビュー
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4121.html
ヤフーレビュー
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=323215

この記事が少しでもお役に立てたなら、下の映画バナーをクリックして
いただけると、幸いです。よろしくお願いします。

TBも歓迎しますので、お願い致します。

にほんブログ村 映画ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

映画・DVD | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2006/10/17(火) 20:36)

<<アニメ・デスノート1,2巻DVD発売決定!! | ホーム | 齋藤孝/原稿用紙10枚を書く力>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mamkt.blog70.fc2.com/tb.php/25-5154dd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  ロード・オブ・ウォー
実際の武器商人の証言を元に武器商人を通してみた世界の巨悪を皮肉とサスペンスで描く風刺映画。映画の中で使われている戦車などの武器などの実際の武器商人の持ち物なんだとか。
映画や本を淡々と語る | 2007/02/28(水) 19:56

copyright © 2005 place all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

SEO対策:デスノート SEO対策:映画 SEO対策:伊坂幸太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。