place
   気に入った本やDVD、ゲームなどを紹介していくブログ。 トップページへは上のplaceの文字をクリックして下さい。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
Amazon.co.jpの商品検索

キーワードを入れてAmazon.co.jpの商品を検索することが出来ます。また、ロゴをクリックすればトップページへ行くことが出来ます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

プロフィール記事へ

ひろちー

Author:ひろちー
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 アニメ・デスノート1,2巻DVD発売決定!!
アニメ・デスノート〔1〕のDVDが12月21日に発売されます。
さらに、デスノート〔2〕のDVDが2007年1月24日に発売されます。

初回限定版にはリュークのオリジナルフィギュア(高さ15センチ)が同梱されます。
以降、DVD各巻初回版に、オリジナルフィギュアが同梱されるようです。
デスノート〔2〕のフィギュアは月です。

Amazonでは予約がすでに開始されています。

DEATH NOTE 1DEATH NOTE 1
宮野真守、 他 (2006/12/21)
バップ

この商品の詳細を見る




基本情報:
〔放送時間〕
日本テレビ 毎週火曜日
深夜24:56~オンエア(初回放送日:10月3日)

札幌テレビ放送 毎週月曜日
深夜25:26~オンエア(初回放送日:10月9日)

読売テレビ 毎週月曜日
深夜25:59~オンエア(初回放送日:10月16日)

中京テレビ 毎週火曜日
深夜25:36~オンエア(初回放送日:10月17日)

福岡放送 毎週月曜日
深夜25:26~オンエア(初回放送日:10月23日)

なんと、福岡放送の人はこれからですので、自分の地域で見逃した方は
福岡のお友達に録画頼んでください。

※放送時間は都合により変更となる場合があるそうです。

〔キャスト〕
夜神 月:宮野真守/L・竜崎:山口勝平
リューク:中村獅童/弥海砂:平野綾
夜神粧裕:工藤晴香/他

〔スタッフ〕
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社 ジャンプコミックス刊)
シリーズ構成:井上敏樹/キャラクターデザイン:北尾勝/美術監督:一色美緒
色彩設計:橋本賢/音響監督:山田和明/監督:荒木哲郎
アニメーション製作:マッドハウス
製作著作:日本テレビ/D.N.ドリームパートナーズ、バップ、集英社、マッドハウス

〔DVD情報〕
デスノート〔1〕
第1話~第3話収録/3990円(税込み)
初回限定版:リュークオリジナルフィギュア同梱
DISK枚数:一枚
時間:約72分+特典映像/ステレオ/16:9
★特典映像:ノンクレジットオープニング・エンディング(予定)

デスノート〔2〕
第4話~第6話収録/3990円(税込み)
初回限定版:月オリジナルフィギュア同梱
DISK枚数:一枚
時間:約72分+特典映像/ステレオ/16:9
★特典映像:未定
Amazon.co.jpで詳細を見る

<ストーリー>
天才的な頭脳を持ち、日常に退屈している高校生・夜神月(ヤガミ・ライト)は
ある日、高校の校庭に落ちている1冊のノートを拾う。
表紙に「DEATH NOTE」と書かれたそのノートには、英語で
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」
という注意書きがあった。
ノートに名前を書いた犯罪者たちが死んでいく様を見て
その効果を確信した月は、デスノートを使って理想的な新世界を
創り上げることを決意する。
世の中に溢れる犯罪者たちに次々と死の制裁を下し
いつしか"キラ"と呼ばれるようになる月。
果たして月=キラは、世界を救う救世主なのか。
それとも独裁的な殺人者なのか。
キラを崇拝する者、その行為を否定する者。
世界は大きく揺れ動いていく・・・。

一方、キラの存在にいち早く気付き、その犯罪行為を止めるべく、
世界的な名探偵・Lが捜査に乗り出す。全世界を巻き込み、
月vs L――天才vs天才――の熾烈な頭脳戦が始まる―――。


〔3話見た感想〕
私は、正直アニメをあまり見ないのであまり多くを語れませんが
私の感覚ではアニメもここまで来たかという感じです。
私のアニメに対する感覚は、
例えば、ジブリのアニメなどは映画として作っているのでとても質が高い、
それに対してテレビなどは毎週放送のため質が低いといった程度のものです。
実際、私の時代などはキャラクターにリアリティのある”影”(比喩でなく)
はなく、色もわりと原色に近い単純な色を使っているようなイメージでした。

しかし、最近のアニメは本当に質が高いと思います。
このデスノートにしても、原作のイメージを全く崩していません。
月もLも原作にとても近い、むしろそのものといった印象を受けましたし
今後、あのキャラやあのキャラがアニメーションとして動いて
見れるというのがとても楽しみになってきました。
そういう点で、アニメはよく出来ているのではないかと思いました。



DEATH NOTE 2 DEATH NOTE 2
宮野真守、 他 (2007/01/24)
バップ

この商品の詳細を見る


参考HP
日本テレビによるアニメ版公式HP
http://www.ntv.co.jp/deathnote/
販売元バップによるデスノートのページ
http://www.vap.co.jp/deathnote/

このページ内の関連記事
13巻の内容について
http://mamkt.blog70.fc2.com/blog-entry-23.html
映画の前編に関する記事
http://mamkt.blog70.fc2.com/blog-entry-17.html

この記事が少しでもお役に立てたならば、下のランキングバナーを
クリックしていただけると幸いです。


ブログ登録・検索 Blog Entry




スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

デスノート | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/10/20(金) 12:17)

<<死神の精度/伊坂幸太郎 | ホーム | ロードオブウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男―>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mamkt.blog70.fc2.com/tb.php/26-f48630ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 place all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

SEO対策:デスノート SEO対策:映画 SEO対策:伊坂幸太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。