place
   気に入った本やDVD、ゲームなどを紹介していくブログ。 トップページへは上のplaceの文字をクリックして下さい。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
Amazon.co.jpの商品検索

キーワードを入れてAmazon.co.jpの商品を検索することが出来ます。また、ロゴをクリックすればトップページへ行くことが出来ます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

プロフィール記事へ

ひろちー

Author:ひろちー
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ブロークバックマウンテン
ストーリー
 1963年、若き青年のイニスデルマーとジャックツイストはブロークバックマウンテンの農牧場の季節労働者として雇われ、運命的な出会いを果たす。
 二人は羊の管理をする仕事を命じられブロークバックマウンテンの美しい大自然の中でキャンプを張り、黙々と仕事をこなす日々を送っていた。
 しかし、共に仕事を過ごし生活していく時間の中で二人の間にはいつしか友情を越えた感情が芽生えていく。

 そして、いつしか自然と体を寄せ合うようになり愛し合うようになった二人だが、イニスは小さい頃に同性愛者が残酷な殺され方をしているのを父親に見せられたことのトラウマから、戸惑いながらも社会的にも認められた婚約者との結婚をすることを選び、ブロークバックマウンテンの仕事の終わりと共にジャックとの別れを決意する。

 ついにブロークバックマウンテンでの仕事が終わり、イニスとジャックの別れは訪れる。言いようのない感情が沸き起こり、涙を流して崩れ落ちるイニス。やがてそれぞれに幸福な生活を手にするが・・・。

お奨め★★★★★

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディションブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ヒース・レジャー (2006/09/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


レビュー
 誰かを好きになるということは自然なことで、そして本来自由であるもの。そう、今は自由である。
 しかし、かつてはそれが許されない時代があった。ましてや同性を好きになったとなれば、周りから奇異な目で見られ、恐れられ差別された。同性愛者は今でも、肩身の狭い思いをするのが現状だろうと思う。

 アメリカでは、古くから同性愛に対する差別は根深いものがあり、このブロークバックマウンテンの最初の年代である1963年という時代もやはり差別は変わらず残っていた。
 そういう背景からイニスの少年時代には、男性を愛した男性が無残な殺され方をし、さらにその無残な死体を父親が、見せしめとしてイニスに見せることでイニスの心に深いトラウマが残ってしまう。

 そんなトラウマや社会的な状況から追い詰められていく二人だが、それでもお互いを忘れられず求め合う姿はとても切ない。静かだが、どこか感傷的なギターの音色が美しいテーマ曲を中心にバックに流れる美しい音楽の数々が映画をより盛り上げている。

 彼らが幸せになる日は来るのか。同性愛者について真っ向から立ち向かったこの作品をぜひ多くの人に見てもらいたい。

感想
 同性を愛してしまったが故に苦しみつづけることになる二人がとても切なく心が揺さぶられる一方で、間違いではなかったにしろ結果苦しめられることになったイニスの婚約者であるアルマの苦しみが悲しく心に響きました。
 しかし、切なくて悲しいばかりではなく、なるほど受賞した賞は確かに納得できるものばかりで、脚本も本当に素晴らしいものとなっておりラストは心が温まる出来となっています。
 俳優に関してはかなり個人的な意見だけどアルマ役のミシェルウイリアムズさんが、とてもいい演技をするなぁと関心させられました。『ランドオブプレンティ』を見て始めて知ってから注目していたのですが
今回もかなり良かったと思います。
 この映画をきっかけにイニス役のヒースさんと結ばれたようで、それも素晴らしいことで祝福したいと思います。
 同性愛の映画ということはかなり話題になったので「ホモの映画かぁ、いいや。」なんて思って敬遠している人ももしかしたらいると思いますが、私は、そういう人こそ特に見て欲しい映画だと思います。
 ぜひ、見てください。レンタルでも。

Amazon.co.jpでレビューを見る

基本情報
製作:2005年
時間:134分
監督:アン・リー『ハルク』『グリーンデスティニー』
出演:ヒース・レジャー『カサノバ』『ブラザーズグリム』
   ジェイク・ギレンホール『ゾディアック』『デイアフタートゥモロー』
   ミシェル・ウイリアムズ『ランドオブプレンティ』『16歳の合衆国』
   アン・ハサウェイ『プラダを着た悪魔』『プリティプリンセス』

受賞
2005年ヴェネツィア国際映画祭グランプリ「金獅子賞」獲得
2006年ゴールデングローブ賞
   「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「主題歌賞」受賞
2006年アカデミー賞
   「監督賞」「脚色賞」「オリジナル音楽賞」受賞

参考HP
オフィシャルホームページ
wikipedia同性愛
1960年代の同性愛(My Morgue)
↑同性愛の歴史について詳しい記述があります。
ヤフー映画レビュー

※TBにあるブログも深い考察をした良質の記事があります。
 中でもシャケさんの「遅ればせながら衝動的」はブロークバックマウンテンに絞って、様々な角度から考察しているので、お奨めです。

関連商品
サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン



下の映画ブログバナーを押していっていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

映画・DVD | 固定リンク | トラックバック:5 | レス:0
(2006/11/17(金) 21:26)

<<時効警察 | ホーム | ブログリフォーム①>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mamkt.blog70.fc2.com/tb.php/37-9e7cc000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  ブロークバック・マウンテン
ダイエットとは関係ないけど、 今日観た映画(DVD)がとっても良かったので ご紹介を! ここのところ、映画をけっこう観ている。 映画館で観たり、家でDVDを観たり。 今日、続けて2本観たが 特に”ブロークバック・マウンテン”が特に良かっ
ダイエットドットコム | 2006/11/24(金) 11:28

  Borat
『Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan』を鑑賞した。いやー、とてもおもしろかった。というか、あまりにもバカすぎて、映画館は爆笑の渦に包まれていた。
コミカル・ミュージック | 2006/11/26(日) 02:19

  小説Brokeback Mountain感想など
 今回の読書は、映画「ブロークバック・マウンテン」の原作本でした。 久しぶりの洋書です。 映画を見たら、原作も読みたくなりましてですね。(感想こちら→http://blogs.yahoo.co.jp/katsumi_aoi/31373578.html ) でもこれは、そこそこ英語が読める人ならオススメで
EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど | 2006/12/08(金) 02:02

  NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督)
都市で「ジェンダー革命」が進んでいたときも、西部では秘匿された「対幻想」としてあった。ゲイやレスビアンの思想を辿ってみれば、旧約聖書のダビデとヨナタンの関係にまで遡る。このダビデに関する崇拝は、ルネサンスのミケランジェロの「ダビデ像」にまでつながっている
サーカスな日々 | 2006/12/11(月) 16:30

  イニスはジャックを制裁したか?
前回のBBM記事、「弔問時のイニス-愚問は続く-」で、イニスはどういう心理で、ジャック家の両親と対面したのだろう、とささやかな疑問から、彼の中のホモフォビアがどのように変容したのか触れてみた。その記事を書いて
遅ればせながら衝動的 | 2006/12/29(金) 22:55

copyright © 2005 place all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

SEO対策:デスノート SEO対策:映画 SEO対策:伊坂幸太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。