place
   気に入った本やDVD、ゲームなどを紹介していくブログ。 トップページへは上のplaceの文字をクリックして下さい。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
Amazon.co.jpの商品検索

キーワードを入れてAmazon.co.jpの商品を検索することが出来ます。また、ロゴをクリックすればトップページへ行くことが出来ます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

プロフィール記事へ

ひろちー

Author:ひろちー
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 FF7AC+FF13trial version
●紹介
 本来の美しさがそのまま再現可能に
2005年9月にDVD&UMDで発売され、国内出荷100万本、全世界で240万本を超える出荷を達成し、各国語版のプロジェクトが進行中の「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」。ストレートビデオとして驚異的な売上げを記録した大作が、ついに"ブルーレイディスク"版で「コンプリートバージョン」となって登場。(Amazon.co.jpより)

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray DiscファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc
(2009/04/16)
不明

商品詳細を見る


●感想
 肝心の本編は、セフィロスとの戦闘シーンだけ見た。4年も前なので、前のがどんなだったかほとんど覚えていないけど、戦っていて、顔に汚れがついたり、血が出たりってのはなかったような気がするし、時間もかなり長くなってると思う。セフィロスとの戦闘シーンを先に見たら、あとは見る気がしなくなったので、正直、セフィロスとの対決シーンがもう一度見たかったのと13の体験版がやりたいという2点のみでこのブルーレイディスクを購入したんだなぁ、と気づいた。



 で、このブルーレイディスク購入の大きな目的の一つである13の体験版をプレイした感想。プレイ時間は1時間ほど。前半は桜色の髪の女剣士ライトニング、後半を金髪バンダナのスノウをプレイ出来る。戦闘は、従来のATBシステムをより突き詰めたコマンド式の戦闘システム。僕は、12の戦闘システムが気に入らなくて、12を途中挫折したが、これならもしかしたらいけるかもと感じた。

 ストーリーは、今までFFの情報に全く注目してこなかったので分からない。FF13の世界は、どうやらパルスと呼ばれる下界があって、その上空に、殻に閉ざされた世界コクーンが浮いているらしい。で、コクーン内部で、外部の何らかの影響を受けた人々が発見されて、下界に追放されようとしている。その追放されようとしている人々が抵抗勢力としてコクーン政府と闘い、その抵抗勢力の中心になっているのがスノウたちである。そして、そのどさくさにまぎれて何かやらかそうとしているのが、ライトニングであり、その抵抗戦線が、今回の体験版の舞台であるらしい。

FF13_4

 正直、映像が綺麗ということと、FFというビッグタイトルの興奮で、最後まで引き込まれてプレイできたが、合間のイベントシーンで、主人公たちの言っている言葉にかなりの違和感を感じて、引いた。自分が大人になりすぎてしまったせいだろうか、と何度も自問自答してしまった。が、やはり彼らの言動は、変だと思う。特にスノウたちの言動はひどい。何がひどいかは、もう語るのも面倒臭い。また機会があったら、追記として書こうと思う。

 まぁ、そんなこんなで自分としては、体験版の評価はあまり良くないけども、映像はやはり綺麗だし何を言ってもFFはやっぱりFFなので、期待せずにはいられない。プレイ後には、2009年冬発売予定という画面も出るので、とりあえず期待して待っておこうと思う。
限定版ということなので、プレイしたい方は、お早めに↓
 
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc

FF13_3


●プラス体験版の戦略について
 ところで、このブルーレイディスク。体験版がついていることで通常版よりも1000円も高い。この体験版、容量が5ギガもあるという話だから、高すぎるということもない気がする。ただ、今後の体験版のネット配信についてどうするつもりだろう。仮に、FF7ACのオマケとして”1000円の上乗せなし”で体験版をつけたとしても、オマケで釣って商品を売る以上、後になってネット配信すると決まれば、いい気がしない人も少なくないと思う。
 しかし、今回は、体験版をつけることできっちり1000円の上乗せをしている。当然、1000円の上乗せをしてもFF13をやりたいが為に、FF7AC体験版セットを買う人は少なくない。つまり、FF13は、体験版ですら商品になるということなのだ。
 何が言いたいかというと、FF13のトライアルバージョンを商品の付加価値としてつけ、値段の差をつけて売る以上、体験版のネット配信が許されるのかどうかということだ。すでに一度発売された商品FF7ACの付加価値として、FF7ACを売るためだけに体験版をつけ、今後、体験版をネット配信しないというのなら、納得のいく戦略であると思う。ただ、FF13を売るという観点で見れば、やはり体験版はネット配信した方がいい。体験版をネット配信したほうが、より幅広いユーザーにFF13を知らしめることが出来るからだ。
 しかし、このブルーレイディスクで体験版を千円プラスでつけた以上は、やはりそれなりのヒンシュクを買うことは必至だろう。さて、どうなるだろうか。
 最近のスクウェアエニックスの売り方には、疑問の声もある。消費者のことをちゃんと考えてものづくりや販売戦略を行っていかなければ、、今後ますます堕ちていくだけだろうと思う。

 と、どうでもいいことを真剣に書いてみたが、実際、5ギガなんて体験版をとてもネット配信なんて出来ないから、FF7ACの付加価値として、また少しでも多くの人にFF13を体験してもらうために体験版としてつけたんだろうなぁ。

FF13_2

●基本情報
本編ディスク:APPROX.126min/DOLBY TRUE HD(音声 日本語/英語)/HDサイズ16:9(1.78:1)/MPEG-4AVC/1080p/2層ディスク/日本語字幕

下のブログバナーを押していただくと僕のブログランキングに影響し
励みになりますので、良ろしければ押していっていただけると嬉しいです。
(押すとブログ村のページが開きます。ご了承下さい。)

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

テーマ:ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル:ゲーム

ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/04/19(日) 00:55)

<<スラムドッグ$ミリオネア | ホーム | ゲットスマート>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mamkt.blog70.fc2.com/tb.php/86-505871bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 place all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

SEO対策:デスノート SEO対策:映画 SEO対策:伊坂幸太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。